スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブチロン

我が家の庭にあるスイレン鉢のめだかが水面に2匹上がっている。
「こんなに寒いのに」と思って、そのめだかを指で触ってみる。
まったく動かない。半冬眠状態なのかな?

久しぶりに庭の草木を眺めた。
狭い庭に所狭しと鉢植えや直植えの草木がある。

でも、この時期はほとんど花は咲いていない。
咲いているのはアブチロン。
この花はほとんど一年中咲いている。
今花の下にある千両が夏葉焼けして困るので
日陰にするために植えた。

それからは千両が葉焼けしなくなった。

もう一つシンビジュウムも一鉢だけ咲いている。
一本だけだが他に花がないのでこの時期は楽しめる。

「久しぶりに花に興味を持った日」と名付けた。<
span style="color:#000000">文字色

アブチロン

アブチロン

シンビジュウム
シンビ1
スポンサーサイト

若者の優しい行為2件

JR阪和線、最後尾の電車、車掌室を背にして立つ。
通勤していていた時の私の定番の位置。
車両全体が見渡せる絶好の場所。

ある日、ある駅を出発してすぐに
私立の女子高生が席を立った。

そして、出入口にいたお年寄りに声をかけた。
おそらく、「席を譲る」ことを告げたのであろう。

その女子高生が、振り向いて、自分が座っていた席を指さした。
でも、その席にはすでに40か50歳代の男性が座っていた。

女子高生はお年寄りに何か声をかけた。
そのまま、黙ってうつむいたままだった。

私はその男性に「あの女子高生はあなたに席を譲るために立ったのではない。
お年寄りに譲るために立ったのだ」と言いたかった。
でも、何も言えなかった。

何も言えない自分が情けなかった。

私が電車から降りるとき、
「お年寄りに席を譲れなくて残念だったね。」と声をかけた。

私ができる精一杯のことだった。

その出来事があってもう7・8年になる。


先日、指にけがをして、キズバンがなかったので、
仕方なくティシュを指に巻いて、とある食堂に入った。

食事をしていると、若い店員さんが私のそばに来て、
「よかったら、これを使ってください。」と
キズバンを2枚くれた。

私が巻いていたティシュを見ると血がにじんでいた。
そのことに気付いた店員さんが気を利かして
持ってきてくれたのだ。

思いがけないことで私はうれしかった。
食事をしてからコンビニでキズバンを買えばいいやと
思っていたのに・・・

こんな迷惑を掛けるんだったら
食事前に買っておけばよかったと思った。

食事を終えて帰り際に
「ありがとうございました。助かりました。」と
丁寧に頭を下げて店を出た。


この出来事があって7・8年前の電車での出来事を
久しぶりに思い出した。

「若い人の優しさに出会った思い出の日」と名付けた。

正月のお飾り

昨日1月15日は正月のお飾りを片付ける日とか。
小さいころは15日に家の庭先で燃やしたことを覚えている。

でも、ちょっともったいないような気がして
燃やす気にはなれない。
昨年のお飾りもまだ置いたままだ。

というのも、ここ何年か手作りのお飾りを友だちにいただいているから。

丹精こめて作ったものをいただいたと思うとなかなか燃やせない。

友だちは「神社にもっていったら」というが、
どこでそんな行事をしているのかもわからない・・・・。

今年の1月15日を「はじめてブログに写真を入れた日」と名付けました。


今年いただいたお飾り

わいわいブログのみなさんへ

今日はわいわいブログのみなさんへ
新年会へのお誘いとお尋ねです。

12日のブログ教室の後、残っていた人で
新年会をしようということになりました。

そこで、私が提案して、我が家で
手打ちそばを食べていただこうということになりました。

日程は2月中の土曜日の昼


みなさんの都合の悪い日は避けて
できるだけ全員の方に参加していただきたいと思っています。


都合の悪い日を連絡してください。

大橋先生、徳田先生、テラちゃん、さわちゃん、ヤン坊・マー坊さんお返事待っています。

日程を調整して後日、実施日を連絡させていただきます。


強調文

年始のあいさつと・・・

明けましておめでとうございます。

ブログはまだわからないことだらけですが、
思いつくままに書いていこうと思いますので
よろしくお願いします。span>

大晦日にはそばを2キロ打った。
2キロというのはだいたい20人前になる。
年越しそばだ。

はじめは3キロ打つつもりでいたが、
少ししんどくなって途中でやめてしまった。

出来上がってから、取りに来てもらったり、配ったり。
はじめに予定していた量より少なかったので、
カツカツの量しか持っていけなかった。

ある6人家族のお宅へ6人分を持っていったら、
親戚の人たちが何人か来ていて「ひゃ」とした。

やっぱり多い目にもっていかないとかえって迷惑をかける。
しきりに反省した。

「そばつゆ」も自分で作ったものをつけた。

そばつゆは「返し」といって、原液を作っておいて、
食べ方によって「出汁」の量を加減する。

ざるそばなら「返し」と「出汁」を1:4、
かけそばならその比率を1:6とか、
場合によっては1:8にすることもある。

ともかく、喜んでもらえたか、恨まれたか。


この大晦日を;">「そば打ち反省の日」span>と名付けた。span>

プロフィール

きよじじい

Author:きよじじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。