スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ講座に奮戦

今、デジカメ講座中。
先生が丁寧に説明してくださるが、わからないことが多い。

わからないことは?と先生が聞いてくださるが、
何を質問していいかもわからない。

これほど情けないことはない。肩が凝る。

でも、「こんなにしたらよかったのか」とわかるときもあり、
これがありがたい。

今も説明を聞いていて、ピカサでのリサイズの仕方を教えていただけた。
こんな時は、肩が軽くなる。
スポンサーサイト

陶芸生徒作品展始まる

やっと、ツバメが飛び出した。
早くから飛んでいたのかもしれないが
気が付かなかったのかも?

陶芸を習い始めて、5年が過ぎた。
今年も恒例の生徒作品展が始まった。
私の作品は4点。今年も大した作品はできなかった。

他の方の作品を見せていただいて
大いに参考にしたい。

今年、特に気づいたことは加飾の豊富さだ。
2種類以上の釉薬を組み合わせて、
それぞれの作品の雰囲気が違っているので、
見ているものを大いに楽しませてくれた。


4月中の土曜日・日曜日すべて開館している。
これもありがたい。

先生宅にギャラリーがあるのでこんな贅沢な
会期にできるのだろう。


作品展会場の一部作品展


桜満開

一昨日、久しぶりに雄之山峠を車で越えた。
山々の至る所に桜が咲いている。
おそらく、山桜だろう。

この時期から初夏にかけての山の景色の移り変わりが楽しい。

今は、ピンク色に染まって、優しい雰囲気がいい。

山を下って山中渓に降りると、
道路に覆いかぶさるほど茂った桜が圧巻だ。

極めつけは、村の外れの高台に咲く
しだれ桜が実にいい。

でも、運転中で写真は撮れなかった。



4年前に熊野奥駆道を歩いた時に見たしだれ桜
大峯奥駈道・桜

ギフチョウ観察会

今日、「龍門山の自然を守る会」が企画した
ギフチョウ観察会に参加した。

数年前からこの時期に参加している。
今年は、暖かくなるのが遅かったので
ギフチョウを目にした数は少なかった。

でも、参加者の小学生がどこからか捕まえてきて
私たちに見せてくれた。

ギフチョウは絶滅危惧種に指定されているらしい。


そのチョウを守ろうと私の小学校5・6年の担任の恩師が
活動を続けていた。

私がこの会に出会ったのはその恩師が亡くなった後だった。

その恩師の跡を引き継いだのは小学校3・4年の恩師だった。

これも何かの縁だと思い、その会の行事にはできるだけ参加している。

また、ギフチョウの幼虫が食べるのは、「カンアオイ」
という植物だそうだが、これも少なくなっている。

これからは「ギフチョウ」と「カンアオイ」が育つような
活動をしたいと思うが、どうすればいいか!?

まずは、捕獲する人がないようにしたい。

ギフチョウ

ギフチョウ


カンアオイの花
寒葵

いよいよ春らしく

スイレン鉢のめだかの動きが活発になってきた。
何匹いるか数えられないくらいに素早くなりつつある。
繁殖の時期が近づいているのだろう。

狭い庭の草花も一斉に咲きだした。
ブログに載せようと、写真を撮って2・3日立つと
今はもっときれいに咲き誇っている。


4月2日にとったボタンの花
ボタン

プロフィール

きよじじい

Author:きよじじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。